【サッカー部男子】 大量得点で快勝!

20140518%E3%81%95%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%83%BC.jpg
<写真・自身3点目となるボレーシュートを打つ池田>
 5月18日、JーGREEN堺メインフィールドにて、第43回関西学生サッカー選手権大会4回戦が行われた。関学は京都学園大と対戦し、10ー0で完勝した。
 関学は序盤からどんどん攻めていく。前半22分のFW出岡(人2)のゴールを皮切りに前半だけで5得点を相手ゴールにたたき込んだ。
 後半に入っても攻撃の手を緩めず、後半10分にMF池田(商3)が今試合3本目のゴールを決め、ハットトリックを達成。直後の同12分にも出岡が決め、同じくハットトリック達成した。関学は昨日の3回戦で活躍したFW青木(国2)を投入すると試合終了間際の同45+1分にダメ押しとなる10点目を決めた。関学はリーグ戦無敗の貫禄を見せつけ、10ー0で完勝した。
試合後のコメント
ゲームキャプテンMF小幡元輝(商4)「早い時間に点を決めることができて、試合展開もよくなった。先制点を決めることがどれほど重要か分かった。これで満足してしまうと準々決勝も難しい試合になってしまうので、1週間しっかり練習して次戦も関学らしく戦いたい」
ハットトリックを達成した池田優真「ハットトリックを達成したのはうれしいが、もっと決めるシーンがあったので決め切れるようにしたい。2トップを組んだ出岡ともバランスをとってプレーすることができた。けが人が多いため、自分は出させてもらっている立場。けが人が戻ってきても試合で活躍できるように頑張っていきたい」

140518soccer-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です