【ボクシング部】 初戦黒星も前向き

20140511boxing.jpg
<写真・0ー4の土壇場で勝利をもぎ取ったL級宮本>
 5月11日、関西大学ボクシング場にて第68回関西学生リーグ戦第1戦が行われ、関学は3ー6で同大に敗北した。
 序盤、2個の不戦敗を含め4連敗した関学。しかし、L(ライト)級宮本(商3)が判定勝ちを収めると、L級小薮(理3)、B(バンタム)級時枝(文3)も勝利し3ー4と追い上げを見せる。勢いそのままに逆転といきたい関学だったが、続くB級山内(法4)が激しい打ち合いの末に判定負け。3ー6で敗れ、リーグ戦黒星スタートとなった。
試合後のコメント
主将大久保英毅(商4)「4月の関関戦で課題にあがったスタミナ不足が今回は打開できていた。アップの仕方や戦法の工夫もあったが、何よりも気持ちの面が大きかった。集中して1ヶ月間練習してきた成果は出せたと思う。0ー4から3年生陣が立て続けによく勝ってくれた。次の龍大戦では、もっとレベルアップした姿を見せたい」

140511boxing.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です