【射撃部】 橋本悔しさ残る4位

 5月10日、大阪府能勢町国体記念スポーツセンターにおいて、第61回春季全関西学生ライフル射撃選手権大会、第20回春季全関西女子学生ライフル射撃選手権大会、及び第9回春季全関西学生デジタルスポーツピストル射撃選手権大会が行われた。団体では男子が総合団体4位入賞を果たした。また個人では、50mP60M競技で景山(法3)が7位、10mBPDS40M競技で待場(商2)が6位、10mBPDS40W競技で橋本(文3)が4位に入賞した。
試合後のコメント
副将三木大輔(商3)「景山は一番練習してきたので、もっと上位を狙えたかなと思う。橋本は毎回決勝までいくが優勝できていない。メンタル面をしっかりトレーニングすれば、上位を獲れると思う。待場はまだ試合に慣れておらず緊張していたので、どっしり試合をかまえて自分の力を100㌫出せたらいいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です