【バレーボール部】 白星つかみ、上位リーグへ!

1399719108346.jpg
<写真・スパイクを決める沢田(人3)>
 5月10日、大阪商業大学にて2014年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第7日(対大商大)が行われ、関学はセットカウント3ー2で勝利した。
 第1セットは後半に大商大に追いつかれるも切り抜け、セットを獲得した。だが第2、第3セットでは相手に両セットを取られてしまう。後が無くなった関学は第4セットの後半、追い上げを見せてセットを獲得。第5セットの終盤に連続得点し、試合を制した。これで通算成績は4勝3敗となり、関学は4位通過で上位リーグ進出を決めた。
試合後のコメント
主将前薗慶弥(人4)「セットカウント3ー0で勝つつもりだった。しかし、気の緩みからいつもではあり得ないミスをしてしまって第5セットまで持ち込んでしまった。明日からの上位リーグでは全てチャレンジの気持ちで臨み、これまでに負けた学校へ借りを返したい。そして近大にはもう一度勝つ」

140510volley.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です