【バドミントン部男子】 リーグ戦、まさかの3連敗

20140510badminton-m.jpg
<写真・チームの柱として活躍する宇山(商4)>
 5月10日、龍谷大学にて平成26年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会3日目(対甲南大)が行われた。関学は2ー3で惜しくも甲南大に敗れた。
 シングルス1で粘りを見せ、ゲームを勝ち取った関学。だが勢いそのままとはいかず、その後の3戦を落とした。最終シングルスで1勝を返すも、2ー3で甲南大に敗れた。
 明日、大会4日目は関西大学にて立命大と対戦する。
試合後のコメント
主将小森園慎之輔(経4)「絶対に勝てる試合であったのに、気持ちで負けてしまった。受け身になってしまったのが一番の敗因。流れが悪いときにこそみんなで応援できるようになりたい。これからの2戦を何とか勝って秋リーグにつなげたい」

140510badminton-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です