【馬術部】 チーム力で成し遂げた快挙!

%E3%81%86%E3%81%BE20140505.JPG
<写真・人馬一体となった走りを見せた主将林>
 5月5日、三木ホースランドパークにて第49回全関西学生馬術大会及び第45回関西学生新人馬術大会1日目が行われた。Lクラス障害飛越競技Aで関学Aチームが出場した5人の総減点0、総タイム168.95という好走で2位となる。この結果を弾みに勢いに乗った関学は、Mクラス障害飛越競技Dで小林(法4)×月雅組がタイム58.92減点0で優勝、新人馬場馬術競技でも寒川(教2)×月若葉組が3位となり、明日に繋がる結果となった。大会は同会場で明日まで続き、明日団体総合の結果が出る。
試合後のコメント
主将林伸哉(経4)「試合が始まる前から部員全員にベストを尽くそうと言っていた。LAの総減点0は数年ぶりの快挙。この結果でチームもその後勢いに乗ることができた。レギュラー以外のサポートメンバーの応援も力になった。今日の結果に油断することなく、関学は挑戦者だという気持ちを忘れずに頑張りたい」

140505horce.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です