【陸上ホッケー部女子】 開幕戦で大量得点!

%E3%82%8A%E3%81%8F%E3%81%BB20140505.jpg
<写真・今試合7得点を挙げた佐野夏(教2)(左)とハイタッチする佐野な(文3)>
 5月4日、天理親里ホッケー場において行われた平成26年度関西学生ホッケー春季リーグ初戦で、関学は神外大に22-0で快勝した。前半開始直後のFW今井(人3)の得点を皮切りに、関学は得点を重ねていき前半を10-0で折り返す。後半も終始関学ペースで試合が進み、22-0で勝利し、春季リーグ初戦で幸先の良いスタートを切った。
試合後のコメント
主将山本加奈子(総4)「中京大が神外大戦で20-0だったので、20得点以上を目標としていた。早い段階からもう少し点を取ってリズムを取りたかった。新チームの初戦としては悪くはなかったが、相手に合わせてしまっていた。これを中京大戦でするとのまれてしまう。次戦は関学が主導権を握って先制点を取りたい」

140504hockey-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です