【ソフトテニス部】 男女共に上位争う

%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1%25E7%2594.jpg
<写真・今大会、関西準優勝に輝いた女子部>
 5月4日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成26年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦が行われ、男子は大体大に5ー0で勝利し、同大に0ー5で敗北した。また女子は松陰女大に3ー0、天理大に2ー1で勝利した。男子は上位を争うも4位に終わる。また女子は先日は思うように試合を展開できなかったが、調子を取り戻し準優勝を果たした。
試合後のコメント
主将植木陽介(商4)「優勝できなくて悔しい。同大には流れが悪く負けてしまった。試合には流れが一番大切だと思うので、メンタルを高めていきたい」
女子主将由田優希(経4)「入替戦の可能性もあったので準優勝に終わりほっとしている。今日は立ち上がりが良く、応援も雰囲気も良かった。一戦一戦を大切にし、西日本インカレでは優勝したい」

140504softtennis-w.jpg

140504softtennis-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です