【ハンドボール部男子】 堅く4勝目

20140503hand-m.jpg
<写真・先制点を決めた山元>
 5月3日、堺市金岡公園体育館で平成26年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦の第5戦目(対立命大)が行われ、31ー21と大差を付けて勝利した。山元(人4)の得点で先制した関学は、前試合の敗戦から立ち直りを見せて、前後半ともに大差での勝利となった。相手のペースに合わせてしまう場面もあったが、一度も流れを渡さなかった。これで関学は、通算4勝1敗。残り2試合必勝を誓う。
試合後のコメント
主将田中雄(人4)「結果的には30得点以上できたが、相手にペースを合わせてしまった。監督、コーチにも言われたが必死さが足りていない。今日の試合はもっと点を防げたし、もっと点を取れた。残りの2試合も相手は必死に勝ちに来ると思うので、相手が全然敵わないと思うくらい跳ね返したい」

140503handball-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です