【バスケットボール部男子】 大体大にヒヤヒヤ勝利

20140427basket-m.JPG
<写真・積極的にリバウンドを獲得し、チームに貢献したPF池嶋(人2)>
 4月27日、近畿大学記念会館にて第41回関西学生バスケットボール選手権大会4回戦が行われ、関学は大体大に68-58で辛くも勝利を奪った。関学は序盤アウトサイドからのシュートで得点を伸ばし、33ー20とリードしたまま前半を終える。後半に入り、得点の不調と共に、相手に流れを奪われ、第4Q(クオーター)には一時逆転される。しかし粘り強く守りから徐々に流れを取り戻し、最後は10点差で試合を終えた。次の準々決勝の相手は同大。5月3日東淀川体育館にて13時40分より行われる。


  1 2 3 4
関学 18 15 11 24 68
大体大 9 11 22 16 58

試合後のコメント
主将井上大志(商4)「昨日圧勝した分、気持ちの緩みが出てしまい、ギリギリの勝負になってしまった。相手の強さによって緩みが出てしまうのがチームの悪いところ。次はライバル対決ということもあり、このままでは勝てない。相手も関学同様に走るチーム。相手のエースガードをいかに抑えられるかが勝負になると思う。試合まで残り1週間。とにかくディフェンスの精度を上げられるよう、練習に取り組んでいく」

140427basket-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です