【ハンドボール部男子】 大体大に完敗

20140427handball-m.jpg
<写真・大体大に得点を決められる関学>
 4月27日、関西福祉科学大学にて、平成26年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦が行われた。関学は大体大と対戦し、23ー35で今季リーグ戦初黒星となった。
 前半の立ち上がりはよかった。先制点を決めたのは関学。3点連続で決め、波に乗りたかったが、昨年の優勝校である大体大はやはり強かった。みるみるうちに点を取られ、逆転を許してしまう。今季リーグ戦では関学が勝利した3試合全てで逆転勝利を収めていた。今試合も後半に逆転を狙うが、相手キーパーの好セーブなどに阻まれ、差を縮めることができず23ー35で負けを喫した。
試合後のコメント
主将・田中雄(人4)「立ち上がりはよかったが、続けられなかった。下級生はとてもよかったが4年生が全然実力が出せなかった。実力を出せなかったのも実力のうち。関学は負けをズルズル引きずってしまうので、そうならないように練習したい」

140427handball-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です