【硬式野球部】 惜敗で立命大との初戦落とす

20140426baseball%20%281%29.jpg 20140426baseball%20%282%29.jpg
<写真・左:1失点完投した先発中内 右:凡打の山を築き、笑顔を見せる中内(右)>
 4月26日、大阪府南港中央野球場にて平成26年度関西学生野球連盟春季リーグ戦(対立命大1回戦)が行われ、関学は0―1で立命大に惜敗した。
 関学の先発中内(国2)は序盤から好投が光り、凡打の山を築く。しかし7回、自らの四死球などで2死満塁の危機を招くと、死球での押し出しで1点を献上。これが決勝点となり、関学は立命大との初戦、悔しい完封負けを喫することとなった。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
関大 0 0 0 0 0 0 1 0 × 1

【関学】 ●中内(2勝1敗)―松下(経2)
【立命大】 ○桜井(3勝0敗)、福本―小川
[二塁打] 立命大:山足、中島
試合後のコメント
竹内利行監督「好機が生かせた立命大と生かせなかった関学の差が出た試合だった。中内はよく投げていたが、7回だけが残念だった。明日落とすとしんどいので、切り替えて頑張りたい」
主将中島一夢(商4)「序盤は完全に関学のペースだったが、中盤以降は崩れてしまった。好機で点が取れないのは痛かった。だが守備面では1点で抑えられたので、明日は早めに点を取って自分たちに有利な状況で試合を進めたい」
1失点完投した先発中内洸太「黒星はついてしまったが、いつかは負けるものだしそんなに気にしていない。自分の調子もよかっただけに、7回、押し出しで1点を与えてしまったのはもったいなかった。今後は数字にこだわるのではなく、自分が投げれば勝てると思われるような投手になりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です