【サッカー部男子】 大産大に2ー0!

20140426soccer-m.jpg
<写真・シュートを打つ出岡>
 4月26日、JーGREEN堺メインフィールドにて第92回関西学生サッカーリーグ第4節大産大戦が行われ、関学は2ー0で勝利した。
 関学はCKを多く獲得し、チャンスを作ったものの、なかなか1点目を入れることができなかった。しかし前半30分、MF福冨(経3)のCKをDF福森(人4)が中のFW呉屋(人3)にパス。そのまま呉屋が先制点となるゴールを決めた。守備でも相手に点を与える隙を見せず、1ー0で迎えた後半11分、福冨が前線のMF出岡(人2)にパスを出すと出岡は得意の左足で2試合連続となるゴールを決めた。試合終了間際、相手のシュートがクロスバーに直撃するというピンチを迎えるも、関学は今季リーグ初の無失点で2ー0と大産大に勝利した。次節は5月3日(土)11時30分よりJーGREEN堺S11にて大教大と対戦する。
試合後のコメント
主将・福森直也「試合を通して押し込まれる場面もあったが、無失点で相手を抑えられたのでよかった。守備の面では自信になった。相手がどんなチームでも関係ない。次節も自分たちのサッカーができるようにしたい」
先制ゴールの呉屋大翔「セットプレーから得点しようとチームの一人一人が思っていたので決まったと思う。試合内容としては2ー0では足りないと思うが攻守が噛み合い、切り替えもできていた。(次節の)大教大の印象はあまり崩れないチーム。関学は3連勝で勢いに乗っているので流れを切らないようにしたい」
2試合連続ゴールの出岡大輝「前半は自分のミスが多かったので、後半で持ち直そうと思っていた。2点目はパスをいい位置に止められたのでゴールに繋がったと思う。左足のシュートには自信があるが、右足はまだまだなのでしっかり練習して次節の大教大戦もゴールを決めたい」

140426soccer-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です