【バドミントン部女子】 接戦制し、関大に勝利!

20140422badminton-w.jpg
<写真・シングルス、ダブルス共に出場し、チームの勝利に貢献した樋口>
 4月22日、大阪市中央体育館にて、平成26年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会1日目が行われた。女子は関大との接戦を制し、3ー2と勝利した。
 シングルス、ダブルスともに1勝1敗で、勝負は最終戦シングルスの樋口(人3)に任された。樋口は相手を持ち前のパワーで圧倒し、2ー0と快勝、チームは3ー2で勝利した。春リーグ戦優勝に向けて、好調なスタートを切った。

試合後のコメント
女子副リーダー岡崎杏那(教4)「今年は絶対的エースがいない。そんな中で勝てたことは大きい。春リーグの目標は優勝すること。他の学校を見てると新しい選手がたくさん出ていた。自分たちの強さはみんなが1つになって勝ちに行くことであると思う。明日からはもっと強い学校と対戦するので、今後も揺るがずに戦っていきたい」

140422badminton-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です