【バレーボール部】 流れをつかみ、近大に勝利!

20140419volley.JPG
<写真・スパイクを決める安田(社2)>
 4月19日、近畿大学にて2014年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第2日(対近大)が行われ、関学はセットカウント3ー1で勝利した。第1セット序盤から関学は攻撃を重ねていき、セットを獲得した。第2セットは落としたものの、第3セットは逆転奪取。最後の第4セットも終始関学ペースで進み、1勝をつかんだ。現在リーグ戦通算成績は1勝1敗となった。
試合後のコメント
主将前薗慶弥(人4)「みんな調子が良く、それぞれの仕事をできていた。この1週間Bチームが近大を真似たプレーをして練習試合を行い、かなり対策をしていた。今日勝ったことは自信にはなるが、過剰な自信にしないでおきたい」

140419volley.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です