【ラグビー部】 後半に得点を量産し逆転勝利!

 4月13日、京都産業大学グラウンドにて京産大との練習試合が行われ、関学は45ー17で勝利した。前半に京産大の強いディフェンスに行く手を阻まれた関学。前半18分の高陽(経4)が奪ったトライのみに終わり、5ー10で前半折り返す。しかし、後半では関学が試合の流れをつかみ、開始直後に水野(人4)がトライを決めるとその後も得点を量産。計6トライを決め、45ー17で勝利した。
試合後のコメント
主将鈴木将大(商4)「まだまだ満足できていない。今日は相手のミスから勝ちにつかながったので、次は自分たちのラグビーで勝ちにいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です