【ハンドボール部男子】 大経大に勝利し、開幕2連勝!

20140413handball-m.jpg
<写真・後半、シュートを放つ屋富祖(文4)>
 4月13日、関西大学千里山キャンパス中央体育館にて平成26年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦・大経大戦が行われ、関学は23ー18で勝利した。大経大の得点から始まった前半、関学もすぐさま高橋(文4)が得点を決めたが、そこからなかなか相手を突き放せない展開が続いた。ディフェンスは10失点と粘ったが、攻撃で苦戦しこちらも10得点のみと、同点で前半を折り返した。後半に入ってからは、相手が前で当たってくるディフェンスに対応するためにフローターの選手が速いパスを意識。ディフェンスの粘りもあり、徐々に点差が開いていき、最終スコア23ー18で大経大に勝利した。これで開幕2連勝となった関学。次戦は4月20日、関西福祉科学大学体育館にて桃学大と対戦する。
試合後のコメント
主将田中雄(人4)「今日はいい内容の試合ではなかった。ディフェンスは良かったが、相変わらず得点力がないのと、せっかくマイボールにしても、自分たちのミスですぐ相手に渡してしまい、相手に簡単にプレーさせていた。来週の桃学大はまだプレーは見ていないが、毎年いいチームに仕上げてくる。粘り強いオフェンスとディフェンスをしてくるので、対応できるように練習していく」

140413handball-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です