【準硬式野球部】 今季初のコールド勝ち

 4月10日、大阪府南港中央野球場において平成26年度関西六大学春季リーグ戦第4節1日目(対阪大)が行われた。関学は9-2で勝利し、リーグ戦通算成績を3勝4敗とした。1回表、殿坂(経4)のヒットなどで2点を先制し、2-0とする。さらに4回表、佐伯(法2)のスリーベースヒットから打線がつながり、3点を追加し、5-0。その裏、エラーなどで1点を失うも、5回表に再び佐伯のツーベースヒットや殿坂のスリーベースヒットなどで4点を追加し、9-1とした。その裏にタイムリーで1点を追加され、9-2となる。そして9-2で7回コールド勝ちを収めた。


  1 2 3 4 5 6 7
関学 2 0 0 3 4 0 0 9
阪大 0 0 0 1 1 0 0 2

試合後のコメント
主将津田佳祐(経4)「いつも切り替えが大切だと言ってきたが、気持ちだけだったので、行動に起こした。それが結果につながって良かった。リーグ戦開幕から打順が大きく変わったが、皆で話し合い決めた。実力があっても、不調であればはずすようにした。全日本大会に出場するためには、負けられないので最高の形で関大戦に持っていくようにしたい。次戦も今日のようなプレーをする」

140410semi-baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です