【硬式野球部】 圧倒勝利で京大にリベンジ

20140406baseball2.JPG 20140406baseball1.JPG
<写真・左:投打で活躍した中内 右:大量得点に沸くスタンド>
 4月6日、わかさスタジアム京都にて、平成26年度関西学生野球連盟春季リーグ戦、対京大2回戦が行われた。関学は先制点こそ許すも、11ー1で勝利した。
 1回表、関学は先発の中内(国2)が2死二塁から適時打を浴び、1点の先制を許した。しかし、4回裏、中島(商4)、松原(人3)の適時二塁打で同点の1ー1。さらには松下(経2)のゴロの間に2ー1と逆転。その後も中内が適時二塁打で2点を返し、この回4ー1と点差を広げた。
 まだまだ関学の攻撃は止まらない。6回裏、徳田(社4)の安打、増田(社4)の二塁打により無死二、三塁の好機を作ると、松下の犠飛、出口(文4)の適時三塁打などでこの回一挙4点を追加、8ー1とした。さらに、8回裏は7回から出場した近藤(経2)の適時二塁打、松原、徳田の連続適時打で3点を返す。8回終了時点で11ー1とし、その後8回から交代した田村(商4)が京大打線を抑え、試合終了。京大との勝ち点争いは明日の戦いで決まることとなった。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9
京大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
関学 0 0 0 4 0 4 0 3 × 11

【関学】 ○中内(1勝0敗)、田村―松下
【京大】 ●冨田(0勝1敗)、小林、岩本―藤沢、小野
[三塁打] 関学:出口
[二塁打] 関学:中島、松原、中内、増田2、近藤 京大:大背戸、佐藤
試合後のコメント
竹内利行監督「今日は選手たちに勝とうというのではなく、負けるなということを伝えた。プレッシャーは少しあるが、やるだけのことをやるだけ。選手のことを信じてる。1回戦のようなことがないよう、先制して逃げ切りたい」
主将中島一夢「いつも通り自分たちの野球でいこうという気持ちだったが、相手に先制点を取られてしまった。関学の実力は1回戦のときのものではないと思っているので、何とかして勝ちたい。個人成績よりはチームが勝つことが優先だと思う。明日は先攻なので、先制点を取りたい。優勝するためには全チームから勝ち点を取るしかないので、しっかり勝ちにいきたい」

140406baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です