【硬式野球部】 春リーグ開幕、黒星スタート

20140405baseballp2.JPG 20140405baseballp1.JPG
<写真・左:9回、2死三塁の好機で打席に立つも空振り三振に倒れた松下 右:本調子でないながら、6回までを自責点ゼロで抑えた宇都宮>
 4月5日、わかさスタジアム京都にて、平成26年度関西学生野球連盟春季リーグ戦、第1節、対京大1回戦が行われた。関学は京大に1ー2で惜敗。黒星スタートとなった。
 関学は5回表、松下(経2)の内野安打、盗塁などで2死三塁とすると、出口(文4)の凡打が相手の失策を誘い、1点を先制。しかし、続く5回裏では2死一、三塁から宇都宮(経3)が打者を打ち取るも、関学側の悪送球の間に1点を返され、1ー1の同点となった。さらに、宇都宮の暴投、四球で2死満塁から内野安打を許し、1ー2と京大が逆転。その後も好機をものにできず、試合終了。初戦を白星で飾ることはできなかった。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
京大 0 0 0 0 2 0 0 0 × 2

【関学】 ●宇都宮(0勝1敗)、佐藤(社2)―松下
【京大】 ○田中(1勝0敗)―小野
[二塁打] 関学:増田(社4)、松原(人3) 京大:大背戸
試合後のコメント
竹内利行監督「今回の結果は仕方がない。相手の勝ちたいという気持ちの方が強かった。次戦こそは修正してくれるはずだ」
主将中島一夢(商4)「今回の敗因は誰のせいでもない。打撃自体悪くなかった。チームのみんなは落ち込んでいないと思う。開幕戦が終わっただけなので、明日は自分が筆頭となって今日の分を取り返したい」

140405baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です