【サッカー部男子】 甲南大に3ー1で勝利

 3月30日、関西学院大学第4フィールドにおいて第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会兵庫県サッカー選手権大学予選が行われた。甲南大と対戦した関学は3ー1で勝利した。前半6分、25分に公式戦初出場初スタメンのMF福冨(経2)がゴールを決めると、後半31分、MF森俊(人1)がダメ押しとなる3点目を決め、新チームになって初の公式戦を白星で飾った。天皇杯予選の駒をひとつ進めた関学。次の予選に向け、まずは4月6日のリーグ戦初戦で立命大を撃破するはずだ。
試合後のコメント
主将・DF福森直也(人3)「公式戦初戦を勝てたのは良かったが、トーナメント戦ということもあり堅さが見られた。リーグも始まるので公式戦の雰囲気にも慣れていかなければならない。反復練習をしてリーグ戦に備えたい」
2得点を挙げた福冨孝也「公式戦初出場だったのでアップから緊張していたが、点を決めることができて、伸び伸びとプレーできた。ロングキックや、前に出ていけるといった自分の特長を出していきたい」

140330soccer-m.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です