【スキー競技部】 主将中野ラストジャンプで銅メダル

 3月11日、長野県野沢温泉スキー場にて、第84回全関西学生スキー選手権大会が行われた。2日目を迎えたこの日、男子1部コンバインド(マススタート)の後半飛躍が行われ、前半距離8位に付けていた中野(総4)がジャンプで巻き返し、見事3位でメダルを獲得。またスペシャルジャンプでは、公式戦で自身初となるK点に届くジャンプで3位に入り、この日2つ目の銅メダルを獲得した。2日目を終え、男子は1部3位、女子は1部5位となった。
試合後のコメント
主将・中野聖基(総4)「今日のジャンプは人生のラストジャンプだったので、素直に楽しむことができた。大学1年の時に10m~20mしか飛べなかった自分が、最後にK点まで飛べたので、4年間頑張ってきた自分をほめたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です