【体育会学生本部】 関関同立スポーツ教室が行われる

 2月23日、同志社大学と関西大学にて関関同立スポーツ教室が行われた。午前の部は陸上競技とバトミントン教室が行われ、陸上競技では子どもたちは大学生と鬼ごっこや徒競走を行い、バドミントンでは、1人で行う連続羽根つきや2人での打ち合いなどの練習に励んだ。 
 午後の部ではサッカー、バレーボールの教室が開催され、バレーボールではマンツーマンでの体勢でアンダー、オーバー、スパイクを練習し、最後は紅白戦で汗を流した。
スポーツ教室後のコメント
サッカー部男子・望月隼人(社2)「自分たちは教える立場だったが、逆に小学生に元気をもらえた。教える立場として関大、同大、立命大のそれぞれの学校の色が出た指導の仕方をしていて学べる部分もあった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です