【ラクロス部女子】 最後の最後で勝利逃す

 12月22日、舞洲運動公園球技場にて、2013年度関西学生ラクロス新人戦ウィンターステージ準々決勝が行われ、関学は合同チームにコイントスの末敗れた。前半、順調に得点を重ねるも相手にも得点を許し前半を1点リードで終える。点差を付け、なんとしても勝利を奪いたい関学は瀬川(経1)らの得点で一時は3点差とする。だが、ラスト5分で一気に3失点し、同点に追い付かれ、最後はコイントスで勝敗が決まり関学はベスト8に終わった。
試合後のコメント
育成班・山田柚(人4)、市川葉月(社4)、土田小百合(教4)「相手に流れを持っていかれてから取り返すことができなかった。関学はボールを持ったら攻撃はできていたし、一人一人のスキルもよかったので、なおさらボールを持てていたら、と思うと悔しい。ベスト8という結果には全く満足はしていない。グラボやドローを取れないことも課題として見えた。これから、この悔しさを忘れずにプレーしていってほしい」
1年生リーダー・津田侑里(経1)「目標としていた関西制覇できず悔しい。まだまだ自分達の力が足りなかったのだと思う。強い1on1は達成できたが相手が連続得点したときに焦りから流れを取り戻せなかった。お世話になった先輩方のためにも関西制覇して恩返しをしたかった。これからはもっと基礎を徹底していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です