【バドミントン部女子】 遠藤(文2)・大澤(教2)組2年連続準V 

 11月27日、大阪市立千島体育館にて平成25年度関西学生バドミントン新人戦大会が行われ、遠藤・大澤組が2年連続準優勝を飾った。同大との決勝戦、第1ゲームでは相手の様子をうかがいながら戦う中、ミスが重なり9ー21でゲームを落とす。第2ゲームでは調子を戻し序盤からリードを見せた二人。その後20ー19で先にゲームポイントに手を掛けたが同大のサービスエースで追い付かれるとそのまま攻め切られ20ー22で惜敗し優勝を逃した。
試合後のコメント
遠藤麻奈美・大澤萌梨「決勝戦は初めて対戦する相手で、初めてなりに自分の良さを出せたら良かった。去年は決勝に行けて満足してたけれど、今年は競れて優勝できる手応えもあったし悔しい。今後はパワーに負けないような持ち前のスピードと正確さを付けていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です