【剣道部】 阪上(商2)が準優勝!

 11月24日、近畿大学記念会館にて第26回関西学生剣道新人大会が行われ、女子個人戦で阪上が準優勝に輝いた。
 男子団体戦は2回戦に進むも近大に1勝2敗2分で敗れ、2回戦敗退となった。
 女子個人戦では阪上が順調に勝ち進み、決勝に進む。決勝で龍大と対戦するも延長の末、相手に小手を取られ、惜しくも敗北した。また、三王寺(教2)がベスト16、伊波(社1)がベスト8と結果を残した。
試合後のコメント
阪上真有「優勝を目指していたので準優勝は悔しいが、決勝で戦った龍大の久堀選手は高校の同期で共に日本一を目指して毎日練習をしてきた相手なので、決勝で戦えて良かった。春の大会に向けてしっかり毎回課題を持って、練習をしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です