【バレーボール部】 関カレで結果残せず

 11月17日、天理大学にて平成25年度関西バレーボール大学男女選手権大会トーナメント戦が行われ、関学は初戦、京産大と対戦し0ー2で敗北を喫した。第1セット、中盤に点差を広げられた後、6連続得点で追い上げたが21ー25でセットを落とした。続く第2セットでは互いに点を重ねていくが終盤で離され21ー25で涙を飲んだ。関学はトーナメント戦、初戦敗退に終わった。
試合後のコメント
主将・上野広将(人4)「全てが良くなかった。チームが一つになっていない。でもこの試合が全日本インカレじゃなくて良かったと捉えたい。インカレまでに全員でミーティングして、チームの結束力を固めていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です