【硬式野球部】 夢の神宮大会出場決定!

 11月5日、大阪市南港中央野球場にて第44回明治神宮野球大会関西地区代表決定戦(第2代表決定戦)が行われ、関学は8ー3で大体大に勝利し、神宮大会初出場を決めた。また、宇都宮(経2)が敢闘賞を受賞した。
 初回、相手の適時打で1点を先制をされるが、2回に永島(商4)の適時打などで3ー1と、すぐさま逆転する。3回には先発・永島が連打を浴び同点に追い付かれてしまうが、5回に関学打線が爆発。この回一挙4得点の猛攻で、7ー3と大体大を突き放した。関学は7回にも1点を追加し、8ー3と大差をつけ大体大に快勝した。
試合後のコメント
竹内監督「リーグ戦と同じように向かっていけたことがこの結果につながった。神宮大会はOB含め選手全員の夢だったので、まずは一勝できるよう頑張っていきたい」
主将・山崎裕貴(経4)「昨年のリベンジのつもりで臨んだ。今回神宮大会出場を決めることができたのもみんなのおかげ。関西学生野球連盟の代表として、誇りを持って神宮に臨みたい」
5回から登板し、5奪三振の好投を見せた中内洸太(国1)「自分のいけるところまでいこうと、強い気持ちを持って試合に臨んだ。神宮大会でも気負うことなく、挑戦者のつもりで向かっていきたい」
先発・永島太一「中一日で投げたのは初めての経験で疲れも溜まっていたが、点を取られた後も投げさせてくれた監督には感謝している。次の登板こそ人生最後の登板になるかもしれないので、東京にベストコンディションで乗り込みたい」
敢闘賞を受賞した宇都宮健太「敢闘賞をもらえたことはうれしいが、それよりもとにかくチームが勝てて良かった。神宮大会までに今大会で見つけた課題をしっかり修正したい」

131105baseball.jpg

SNSでフォローする
Comments (2)
  1. ひらお より:

    関学ファンです。神宮へ来てくれることをずっと待っていました。関学応援団のフル参戦楽しみにしています!
    おめでとう野球部!

  2. 森川隆博 より:

    おめでとうございます!長年の夢をかなえましたね!!神宮ではKGの野球で全国を驚かせて下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です