【硬式野球部】 神宮大会出場まであと一勝!

 11月4日、大阪市南港中央野球場にて第44回明治神宮野球大会関西地区代表決定戦(敗者復活戦)が行われ、関学は2日の初戦で勝利した奈産大と再び対戦し、7ー2と大差をつけて勝利した。明日10時、同会場で第2代表枠をかけて大体大と戦うこととなる。
 初回、エース・宇都宮(経2)が連打を浴びるなどし2点を先制されるも、3、4回にそれぞれ1点を返し同点に追い付く。さらに7回、野田(社4)の適時三塁打を皮切りに籾山(経4)、松原鴻(人2)の適時打などでこの回一挙5得点。大差をつけての逆転勝利で奈産大を下した。
試合後のコメント
竹内監督「7回、流れにうまく乗ることができたことが大きかった。もう後は気持ちを強く持って、明日結果を出すだけ。気を引き締めて臨みたい」
主将・山崎裕貴(経4)「とにかく1点ずつ返していこうという気持ちが逆転につながったと思う。昨年も第2代表決定戦で負けているので、リベンジする気持ちでいく」
完投勝利を挙げた宇都宮健太「立ち上がりを意識し過ぎてしまって先制はされたが、うまく修正できた。明日は昨日負けた悔しさを糧に、チーム一丸となって頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です