【剣道部】 悔しい2回戦敗退

 11月4日、日本武道館にて第61回全日本学生剣道優勝大会が行われ、関学は2回戦敗退となった。
 関西王者として挑んだ全日本インカレ。1回戦、関学は専大と対戦し2勝1敗3分で勝利し2回戦へ進出する。続く2回戦の相手は朝日大。副将までに1勝2敗2分と追い詰められた関学だったが、その後も1本を取る事ができず、1勝2敗4分で朝日大に敗北した。この大会をもって4年生男子は引退した。
 女子の全日本インカレは11月10日、愛知県春日井市総合体育館で行われる。
試合後のコメント
主将・山内淳矢(社4)「選手たちは良くやってくれた。悔いは残るけど4年間の集大成は出せたと思う。このチームはこの4年間で1番いいチーム。後輩にはこの借を来年返して欲しい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です