【ヨット部】 黄金世代、無念の総合5位

 11月1~4日、新西宮ヨットハーバーにて第78回全日本学生ヨット選手権大会が行われ、470級6位、スナイプ級4位で総合5位に終わった。大会初日、1位と総合22点差の3位につけた関学。2日目には総合5位に順位を落とした。巻き返しを図りたい関学であったが、最終日まで思うように力を発揮することができず470級6位、スナイプ級4位、総合5位の結果に終わった。そして今大会をもち、下級生の頃から活躍を見せた黄金世代といえる4年生は引退を迎えた。
試合後のコメント
主将・俣江広敬(経4)「悔しさと申し訳ない気持ちでいっぱい。思うように結果が伸びず、何だかんだ緊張していたと思う。それに、実力はあったがリスクを取らず攻め切れずに終わってしまった。来年こそは後輩たちに完全優勝をしてほしい」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 俣江君 御健闘ご苦労様でした。主将として最善を尽くした、と悔いが残らなければ、それで良いのです。次世代に新たに栄光を目指して呉れることを期待しましょう。 20131107

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です