【バレーボール部】 1部残留

 11月3日、大阪体育大学にて2013年度関西大学バレーボール連盟男子秋季リーグ戦、1部2部入替戦(対姫獨大)が行われ、関学はセットカウント3ー1で1部残留を果たした。第1セット、終盤15ー19から6連続ポイントで一気に逆転すると、そのまま25ー22でセットをものにした。第2セットでは前半から大量リードした関学がセットを奪う。
 そして第3セットを落とすものの4セット目をしっかりと取り切り、セットカウント3ー1で1部残留をつかみ取った。
試合後のコメント
主将・上野広将(人4)「入替戦ということを気にせず、いつも通りに試合をした。結果、勝てて安心している。それに、声も出ていてチームでまとまることができてよかった。ただ拾わないといけないボールを落としたりと甘いところもあったので、そこを直していこうと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です