【硬式野球部】 神宮大会出場に向け、まずは1勝!

 11月2日、大阪市南港中央野球場において第44回明治神宮野球大会関西地区代表決定戦が行われ、関学は奈産大に3ー0で勝利。神宮大会出場に向け、まずは初戦を勝利で飾った。明日、大商大との2回戦は、13時より南港中央野球場にて行われる。
 3回、1死満塁から籾山(経4)の犠飛で1点を先制すると、続く4回には出口(文3)、山崎裕(経4)の適時打で2点を追加。先発・宇都宮(経2)が相手打線を無得点に抑え込み、完封勝利を収めた。
試合後のコメント
竹内監督「勝ちはしたが、チャンスを作っても得点につながらない、毎度のパターンになってしまった。4年生を始め神宮への気持ちは強く持っているので、(明日の対戦相手の)大商大は打線も手強く強敵だと思うが、全員一丸となって臨みたい」
主将・山崎裕貴「先制して逃げ切るという、関学らしい野球ができた。いつも通り、先を見ずに目の前の勝ちにこだわっていきたい」
今試合完封勝利を収めた宇都宮健太「今日は内容より結果を求めた。絶対にホームを踏ませないという気持ちが完封につながったと思う。これからも任されたところで頑張って、去年神宮に行けなかった4年生や応援してくれる人のためにも絶対に神宮にいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です