【陸上ホッケー部男子】 聖泉大に引き分け、連勝とはならず

 9月29日、立命館大学柊野ホッケー場にて平成25年度関西学生ホッケー秋季リーグ1部Aプール第2戦が行われ、聖泉大と対戦した関学は1ー1で引き分けた。
 前半、関学は立て続けにPC(ペナルティーコーナー)を獲得するも得点にはつながらず、両者無得点のまま前半を終える。しかし後半3分にMF林(社4)がゴール前の混戦からプッシュで決め、待望の先制点を挙げる。このまま逃げ切りたい関学であったが、同20分にカウンターから一気に流れを持っていかれ、同点弾を許してしまう。試合は1ー1の同点のまま終了し、開幕2連勝とはならなかった。
試合後のコメント
主将・岸本浩樹(経4)「相手がいつもより威力がなかったので、その分もっと攻められたはず。だが、聖泉大から先制点を挙げられたし、練習の成果が出せたので今までの試合よりはよかったと思う。(失点シーンに関しては)カウンターから一気に行かれたので人数も足りなかった。やられたという感じ。今回引き分けてしまったので、次戦の天理大戦次第で上位リーグに進めるか決まる。インカレ前にチームに自信を付けさすためにも、引き分け以上を狙い上位リーグに行く」

130929hoccey-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です