【バスケットボール部男子】 1次リーグ最終戦を勝利で締めくくる

 9月29日、大阪商業大学総合体育館にて平成25年度関西学生バスケットボールリーグ戦第9戦(対京産大)が行われ、関学は65ー63で勝利した。接戦の末同点で迎えた最終Q(クオーター)、京産大にいきなり7得点された関学だったが、タイムアウト後に攻め立て逆転に成功する。その後も両者一歩も譲らぬ攻防が続いたが、試合終了まで残り15秒、同点の場面で決まったPG渡邊(人2)のシュートが決勝点となり、関学が1次リーグ最終戦を勝利で飾った。関学は1次リーグを4勝5敗(勝ち点4)で終え、2次リーグを下位で戦う。
 2次リーグ第1戦(対大産大)は10月12日12時40分より立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて行われる。
試合後のコメント
主将・田中芳樹(人4)「意地を見せられたように思う。ゲームを通してみんな気持ちを出してプレーしていた。関学は応援に来てくださる方が一番多いので、2次リーグでは感謝の気持ちを持って、成長を見せたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です