【バスケットボール部女子】 2次リーグ初戦勝利!

 9月29日、豊島体育館にて平成25年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦2次リーグ第1戦(対親和女大)が行われ、関学は88-49で勝利した。関学は序盤から猛攻をしかけ、第1Q(クオーター)ですでに31ー8と20点以上の差を付けた。攻撃の手を緩めない関学はSG木原(法1)のスリーポイントシュートなどで得点を積み重ね、88ー49で快勝。次の試合は10月12日に第2戦(対園女大)が和歌山県立体育館にて14時20分から行われる。
試合後のコメント
主将・長井裕香(文4) 「1次リーグは不本意な結果に終わってしまったので、2次リーグは全勝する気持ちで戦った。今試合はリバウンドをしっかり取れていたので、自分たちのリズムで試合ができた。しかし、シュートミスが何本もあったので1本のシュートの重みを感じないといけない。次の試合まで2週間あるのでしっかり準備をして試合を迎えたい」
木原恵里奈「ここ最近の試合で自分らしいプレーができるようになってきた。大学は高校と違いスピードや体の強さがあるが、徐々に慣れてきた。先輩方は自分がミスをしてもフォローしてくれるので心強い。2次リーグは全て勝つつもりでやっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です