【ハンドボール部女子】 連勝も笑顔なし

 9月29日、大阪薬科大学にて平成25年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦(2部)の第2戦が行われ、佛大を相手に53ー3で勝利した。この日も初戦に続き、前半から積極的にゴールを狙い、前半を26ー2で折り返すと、後半にも得点を決め53ー3で勝利した。しかしチャンスでミスをしてしまうなど、初戦に続き課題が残った。次戦は10月5日、八幡市民体育館にて甲南大と対戦する。
試合後のコメント
加納庸光総監督 「50得点以上、5失点以下という目標は達成できた。ただ、練習でのミスを試合でしてしまうなど内容はよくなかった」
主将・山田千紗登(商4)「自分たちでチャンスを作っているのにミスをしてゴールを逃す場面があり、自滅してしまった。次は自滅しないように注意して、気持ちで戦う」

130929hand-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です