【アイスホッケー部】 立命大に惜敗

 9月29日、滋賀県立アイスアリーナにて平成25年度関西学生アイスホッケーリーグ戦が行われ、関学は立命大に4ー6で敗北した。
 第1P(ピリオド)、夏野(社4)の先制ゴールで勢いに乗る関学だったが、その後得点を許してしまう。同点で迎えた第2P、咄下(神4)、夏野、吉澤(社2)の3得点で相手を引き離すもさらに2失点。一進一退の攻防戦が続く。1点リードで迎えた最終Pでは、相手のペナルティでパワープレー(数的有利な状況)になるも守り切れず、このピリオドだけで3失点。逆転を許し、関学は立命大に4ー6で敗北した。現在のリーグ通算成績は1勝1敗。
試合後のコメント
主将・夏野卓也「課題であった立ち上がりは特別良かったわけではなかったが、先制のチャンスでしっかり決めることができ、流れを作れて良かった。しかし、第3Pでの失点はリードしていた油断からの悪い失点だった。次戦の同大は一人一人のスキルが高く、走るホッケーをしてくる。関学は今日の第1Pのような入り方で油断することなく同大に挑みたい」

130929icehocchey.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です