【硬式野球部】 京大に大勝9ー2

 9月28日、大阪市南港中央野球場にて平成25年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦(対京大1回戦)が行われ、関学は9ー2で京大に大勝を収めた。
 初回、先発・宇都宮(経2)が立ち上がりを襲われ1点を先制されるも、4回に関学が中島一(商3)、籾山(経4)の適時打などで一挙5点を挙げ逆転。その後も7回に相手投手の二度の暴投により2点、9回に徳田(社3)の適時打などで2点を追加し、京大から9点の大量得点を奪い勝利した。
試合後のコメント
竹内監督「宇都宮は調子は良くはなかったが、上手く修正してくれた。とにかく勝負は明日。関大から勝ち点を奪うためにも、まずは明日の一戦で勝って京大から勝ち点を挙げたい」
主将・山崎裕貴(経4)「相手のミスに助けられた試合だった。目の前の試合に全力で向かうことが優勝につながると思うので、明日の試合でもとにかく勝ちにこだわりたい」
4回、逆転打を放った中島一「今まで3番を打っていながら打点がなかったので、好機で打席が回ってきたら絶対に自分が決めようと思っていた。明日も気負うことなく自分の打撃をしたい」

130928baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です