【バスケットボール部男子】 同大に敗れ関西制覇とインカレ出場の可能性が消滅

 9月28日、大阪商業大学総合体育館にて平成25年度関西学生バスケットボールリーグ戦第8戦(対同大)が行われ、関学は72ー75で敗れた。上位リーグ進出のためには勝利が絶対条件となる一戦。関学は立ち上がりからリードを許す。だが第2Q(クオーター)では一時勝ち越しに成功。ここからシーソーゲームを展開するが、最終Qで効果的な3点シュートを次々に決められ、力尽きた。
 この試合の敗戦により、関学は1次リーグ6位以下が確定。2次リーグは1部残留を懸けて下位リーグで戦う。同時に11月に行われるインカレ出場の可能性が消滅した。
 第9戦(対京産大)は9月29日13時20分より同会場にて行われる。
試合後のコメント
主将・田中芳樹(人4)「ただただ悔しいだけ。接戦になるとは思っていたが、相手のキーマンを抑えることができなかった。インカレ出場が消滅した以上、今後は4年生として後輩たちに何を残せるかが大事」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です