【陸上ホッケー部女子】 関大にまさかの引き分け

 9月23日、立命館大学柊野ホッケー場にて関西学生ホッケー秋季リーグ、1部Bプール2戦目が行われ、関学は1ー1で関大に引き分けた。前半12分に失点した関学はそこから点を奪い返そうと攻めの姿勢を見せる。同29分にはFW阿部(教3)がドリブルで突破し、ゴール前までボールを運ぶもシュートが外れてしまう。だがその2分後、FW堀(総1)がフィールドゴールを決め、同点に追い付いた関学。後半逆転を狙うも、相手の守備に阻まれ、なかなか得点を決められずそのまま試合終了。関大相手にドロー決着となった。
試合後のコメント
主将・片山梨乃(総4)「相手が強かったというよりも自分たちが全体的にバタバタしていたし、焦りが見えた。また、ポジションごとにプレーでかみ合っていなかった。今リーグ戦では3年生を中心に仕切る体制にしているが、明確な課題も見えた試合だったと思う。次の天理大戦までに決められるところで決められるようにしていきたい」

130923hoccey-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です