【硬式野球部】 逆転で今季初勝利

 9月21日、皇子山球場で平成25年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦が行われ、関学は同大と2回戦を戦い、4ー1で勝利。今季初勝利となった。関学は4回に先制を許したが、5回に野田(社4)が右前適時打を放ち、同点に追い付く。さらに7回には3つの四球などで1死満塁の好機を作ると、籾山(経4)、松原鴻(人2)の連続適時打で3点を追加し、勝ち越しに成功する。先発投手・永島(商4)は4回1失点でマウンドを降りたが、その後を受けた中内(国1)が9奪三振をの快投を見せ、同大打線をシャットアウト。4ー1で勝利し、今季初白星となった。
試合後のコメント
竹内監督「中内がよく頑張った。コントロール良く投げていたし、今後の軸となっていくと思う。打つ方も今日は好機で打てたし、明日も頑張りたい」
主将・山崎裕(経4)「内容の良い試合だった。自分たちの野球ができたと思う。中内には打者一人一人に向き合って投げていくよう伝えて、よく投げてくれた。打線もチャンスで打てないという課題を克服できた。明日も自分たちの野球をして勝ちたい」
リーグ戦自身初勝利を挙げた中内「思っていたより早くマウンドに上がって、最初は緊張したが、投げていくうちにうまくいくようになった。今日は真っ直ぐが非常に良かったと思う。(9奪三振は)自分は三振を取るタイプではないが、一人一人丁寧に投げた結果だと思う。今日の勝利で自信にもなったし、これからも任せられたらところで精一杯頑張るだけ」
勝ち越し打を放った籾山「自分で打って勝ち越すことだけ考えて打席に入った。打ったのはインコースの真っ直ぐ。打球が抜けた瞬間はほっとした。安打はあまり出ていないが、調子自体は悪くないと思っていた。明日は絶対勝って、自分は4番打者として打点を稼ぎたい」

130921baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です