【準硬式野球部】 エースの完投勝利で連勝!

 9月20日、滋賀県皇子山球場において平成25年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節2日目(対阪大)が行われ、関学は5ー3で勝利を収めた。初回に4番・津田(経3)のタイムリーで先制した関学。4回表に同点に追い付かれるもその裏、2死無塁から5番・大隈(人3)がライトスタンドへのソロホームランを放ち2ー1と勝ち越す。さらに5回裏には先発投手の9番・有(人3)からの4連打で3点を追加した。有は9回表にエラーが絡み2点を失うも試合終了まで投げ抜き完投。関学は5ー3で勝利し、2戦連続の白星を飾った。通算成績2勝4敗となった。
試合後のコメント
勝ち越しホームランを放った副将・大隈勇人「ヒットが出るも残塁の多い試合が続いていた。第3節1日目から打順を変えて打撃面では結果に出始めているが、今日は守備にミスが多かったのでまだ甘いところがあると思う。開幕から4連敗してしまったので、あとはやるしかないという気持ちで試合に臨んでいる。チーム全員で団結して残りの試合も勝ちたい。(ホームランについては)最近ヒットが出せていなくて、前の打席は当てにいってしまった。周りからのアドバイスもあり、ホームランの打席では気持ちを切り替えて打つことができた」
完投勝利を収めた有真志「今までも完投はしたかったが、どこか打線の援護を待てず粘り切れていない部分があったと思う。今日は調子が悪いなりに8回まで1失点に抑えることができたのでよかった。完投はしたが9回に2点を取られたのは課題。残りの試合では完封を狙っていきたい」

130920semi-baseball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です