【庭球部女子】 シングルスで圧倒!開幕2連勝!

 9月20日、三木ブルボンビーンズドームにおいて平成25年度関西大学対抗テニスリーグ戦第2戦(対松蔭女大)が行われ、関学は4ー1で勝利した。ダブルスを1本ずつ取り合い、臨んだシングルス。シングルス3の山崎(人4)がセットカウント2ー0で勝利すると、勢いに乗った関学はシングルス1・山本み(人3)、シングルス2・田中(商3)も共にセットカウント2ー0で圧勝を収めた。総合成績4ー1で勝利し、初戦から連続の白星となった。
試合後のコメント
主将・山崎貴巴「ダブルスで2勝して流れを作るのが関学の勝ちパターン。1ー1になって焦ることはなかったが、自分より後のシングルスが楽に試合できるようにしたかった。ダブルス1を落としたが、次につながる試合内容だった。これから3戦が山場。勝ちにこだわり過ぎず、楽しんでやっていけば結果は付いてくると思う」

130920tennis-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です