【バドミントン部男子】 秋季リーグ戦4位

 9月20日、大阪市中央体育館において、2013年関西学生バドミント秋季リーグ戦第5戦(最終戦)が行われ、関学は同大に0ー3で敗北を喫した。2勝2敗同士、3位4位決定戦となった最終戦。関学はシングルス1、2を共に0ー2で落としピンチに立たされる。そして勝敗を分けるダブルス1。第1セットを僅差で奪われるも、第2セットを取り返す。第3セットは立ち上がりが悪く、序盤7点差をつけられる。その後は立て直し着実に点差縮めジュースに持ち込むんだが、20ー22で力尽きた。これによりリーグ戦通算成績は2勝3敗となり、秋季リーグ戦を4位で終えた。
試合後のコメント
主将・安田僚(社4)「試合の雰囲気は悪くなかったが、取りたいところで取れなかった。春のリーグ戦で強豪に圧倒的に負かされ、そこから何が足りないかを考えて練習してきたから秋のリーグ戦では負けた試合でも惜しい試合が多かったと思う。今後は、競った試合でも強気で攻める精神面を鍛えることが大切だと思った」

130920bad-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です