【準硬式野球部】 今季リーグ戦初勝利

 9月19日、平成25年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦が行われ、2-0で阪大を下し今季初勝利を収めた。関学は3回と4回に得点のチャンスがあったものの、8回まで無得点だった。しかし9回に津田(経3)のヒットなどで1死二、三塁となり、松岡(法3)のスクイズで1点先制。さらに相手の失策で1点加えた。9回裏も無失点で抑え、試合終了。今季初勝利を収めた。
試合後のコメント
主将・津田佳祐「3、4回のチャンスをものにできなかったのは反省。しかし、ヒットを打てて良い流れを作ることができたのはよかった」
先発投手・石井孝浩(教2)「良いボールもあったが、相手の打者に助けられた部分もあった。守備の先輩方を信じて、思いっきり投げることができた」
正捕手・長谷川貴大(商3)「石井がテンポよく投げられた。これからもピッチャーの良さをうまく引き出していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です