【庭球部男子】 延期試合含め1日で2敗喫す

 9月19日、三木ブルボンビーンズドームにおいて平成25年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。予定されていた第2戦(対同大)の開始前に17日にサスペンデッドゲームとなった第1戦(対近大)のシングルス1・日下(商2)の最終セットが行われたが、2ー6で奪われセットカウント1ー2で敗北。この結果、総合成績4ー5となり第1戦での関学の負けが決定した。
 約1時間後に開始された第2戦。関学はダブルスで1ー2とリードを許し、シングルスに入る。巻き返しを図りたいところだったが、実力差のある同大相手に勝ち星を奪うことができない。総合成績2ー7と圧倒され開幕から連敗を喫した。
試合後のコメント
主将・田村駿(経4)「第1戦の負けが決まって、チームが少し沈んでしまった。ダブルスで勢いを作りたかったが、それができなかった。残り3戦は何とかダブルスで勝って、次につながるようにしたい」

130919tennis-m.jpg

130919tennis-m2.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です