【バドミントン部男子】 2連勝で勢い付ける

 9月19日、大阪市中央体育館において、2013年関西学生バドミント秋季リーグ戦第4戦が行われ、立命大を3ー2で下した。関学はシングルス1をものにするが、シングルス2を落とす。続くダブルス1、2では共にファイナルセットに突入するも勝利を挙げる。最後のシングルス3は敗れたが、チームは3ー2で勝ち星をつかんだ。これによりリーグ戦通算成績は2勝2敗となった。
試合後のコメント
主将・安田僚(社4)「競った試合が多かったけれど安心して見られた。ダブルスは安定感がある。両方とも1セット目の最初が良くないが、立ち直って攻撃の回数も多く攻めることができていた。明日は3位4位決定戦。今後のためにも勝ちたい。今2連勝しているので気持ちよく試合に入れそう」

130919bad-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です