【サッカー部男子】 桃学大に完敗

 9月18日、JーGREEN堺S4フィールドにて、第91回関西学生サッカー(前期)1部リーグ第11節桃学大戦が行われ、関学は0-2で敗北した。関学は前半、MF徳永(社1)のミドルシュートがポストに嫌われるなどチャンスを決め切れず、スコアレスで折り返した。続く後半もMF泉(経3)、MF小幡(商3)の両サイドを中心に攻め入った関学だったが、桃学大の堅い守備を崩せなかった。同10分、26分に前がかりになっていたところを突かれ失点。試合が終了まで攻め続けた関学だったが、今季リーグ初の無得点に終わり、0-2で敗れた。後期リーグ第1節京産大戦は9月22日に山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場にて11時30分キックオフ。
試合後のコメント
ゲームキャプテン・沓掛勇太(経4)「『この試合に勝てば前期リーグを3位で折り返せる』という考えがどこかにあり、それがあだとなってしまった。桃学大は人数をかけて守っていたので、攻撃のバリエーションを増やさないと得点できないと思った。リーグ戦は長いので負ける試合もある。その負けた時に切り替えて次の試合に臨めるかが大切。京産大戦(後期リーグ第1節)では絶対に勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です