【サッカー部女子】 開幕2戦連続白星なし

 9月18日、姫路獨協大学にて平成25年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦第2節(対日ノ本短大)が行われ、関学は0ー7で敗北した。
 強豪相手に前半を2失点で抑えるも、後半にさらに5失点し、勝ち点3を取ることはできなかった。
試合後のコメント
主将・芝奈穂美(教4)「相手に合わせることなく、つなぐサッカーをしたかったが、後半は体力的にきつくなり後半だけで5失点してしまった。相手のフィジカルや2部のチームにはない戦術にまだまだ関学が鍛えられてないと感じた。しかし、しっかり切り替えて、自分に与えられた反省点を克服し、次節に臨みたい」
MF山崎江梨香(人3)「DFラインをしっかり構築できていなかったことが大量失点につながってしまった。前半の2失点は関学のミスが招いた失点で防げる失点だったので悔しい。次節は失点なく勝ち点3を取りたい」
DF向由紀(人3)「無失点じゃないとDFとしての役割を果たせたとは言えない。ポジションでの連携ができていないと感じた。練習から声掛けをして連携を取りたい」

130918soccer-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です